田之助の無駄知識
容姿 優形、色白、鼻筋が通っている、目が鋭い、唇が赤い、笑うと愛嬌がある、きゅっと片方上がった目元、受け口(推測)、瓜実顔(推測)
性格 勝ち気、わがまま、負けず嫌い、気が短い、口が悪い、嫉妬深い
好きな物 芝居、酒、天ぷら鰻など油っこいもの、女、蟒蛇、万年青
仲良し 五代目尾上菊五郎、長谷川勘兵衛、訥升兄さん
大嫌い 九代目市川団十郎、大谷友右衛門、市川小団次、中村宗十郎
結局無視できない 坂東しうか、中村芝翫、河竹黙阿弥、市川団蔵、市川小団次
芸風 音に当てて、たっぷりやる。セリフがうまい。声が通る。憂いがきく。なんかやらしい
得意な役柄 過剰な女。
結婚 3回くらいした。うち死人が一人(詳しくは田之助に関する文で)。晩年の嫁は相模屋政五郎の娘、お貞
子供 正確にはわからないが、娘(七代目澤村宗十郎の嫁)がいた様子。養子もあり
彼女 ほとんど玄人の女。
パトロン 上野寛永寺の坊主、相模屋政五郎(荒川の佐吉のモデル)、有馬屋清右衛門、田口重義(会津藩の江戸家老)
田之助トリビア 田之助の元嫁の大幸という女は、後、円朝の嫁になり、そのためか円朝は田之助の声色がうまかった

夏目漱石の家族は田之助とその兄訥升の贔屓だった

日本人で初めて義足をつけた人物である

澤村家の運命、芸風 父親がなぜか早死にである

近代に入り、中央の舞台にあまり立たなかったので、団十郎菊五郎中心の芝居界において古風な芸風を残す

江戸和事、実事が得意